SSブログ

【ライトノベル】迷い猫オーバーラン【感想】 [本]

正直な感想を言わせてもらおう。つまらん!!

迷い猫オーバーラン!―拾ってなんていってないんだからね!! (集英社スーパーダッシュ文庫)

迷い猫オーバーラン!―拾ってなんていってないんだからね!! (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 作者: 松 智洋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/10/24
  • メディア: 文庫






こう書くと批判されそうだけれど、嘘をついてもしょうがない、別に俺は集英社の回し者ではないのだから。とは、言っても1から10まで全てがつまらんというつもりはない。ただ、総評させてもらうと、6対4でやっぱりつまらなかった。凄く残念です。

ちなみに、俺は作家気取りでもなければ自称批評家でもない。ただ、自分はそんな意識を持っていなくても、すべからく人というのは、何かを批評あるいは評価を下すものではなかろうか?

まぁ、大げさに言ったが、俺は素直に自分の思ったことを書くだけです。ちなみに、買った理由は、表紙ですww
↑これ公式・・かな?一コマ漫画です。
(以下、ネタばれ含む感想です。)
とりあえず、まず初めに言うならば、「安易に萌えに迎合した作品である」と言わせてもらおう。

主人公がハーレムなのは、よくある話である。そして、とってつけたようなツンデレ幼馴染。いや、そんなことよりも何より書いていくごとに焦って足していったような文の書き方が気に食わない。こう・・・なんだろうな。主人公、巧の一人称で書かれていたはずが、いつの間にか作者が自分の作った世界に陶酔している。そんな感じを受けなくもない。

な~んかな~、すっきりしない。最後はどうやら、感動のフィナーレっぽかったけど、いまいち納得できない。なんか、ご都合主義過ぎる展開。いや、アニメではそういうのよくあるだろ?と、俺も思うんだが、思うに、面白い作品には、それなりの壊してはいけない世界観というのがあると思うんだ。超えてはいけない一線みたいなものが。

そう、例えば、巧たちが孤児であるという設定。うわ~、孤児で可哀そうだな~、と大抵そう思うだろう?しかし、一方で金の力で何でも解決するクラスメイト・・・・・名前忘れた。とにかく、その対比がいまいち納得できない一因なのかもしれない。しかも、対立するならまだしも、仲よくしてるって・・・

あくまで、作品からの憶測でしかものを言えないのだが、作者さんには、リアルが足りないのではないかと思う。本当に、素人意見で、作者さんにものを言うのも自分ではどうかと思うが、なんか書きたい。まぁ、ありていに言えば、人生経験が足らないのでは?と、思ったりもする。別に、リアルに金の話書いてほしいとかそういうわけじゃなくて、どんな設定でも普通、人間だったらこう思うだろ?っていう、複雑なんだけれども、感情の機微をもっと細かく捉えても良いのではないだろうか?

ああ、批判はもうこの辺にしよう。

逆に面白かった所をピックアップしていこう。え~と、そう、雷!!雷のシーンは、すごく面白かったと思う。思春期の男なら誰でも妄想しそうなシチュエーションが良かった。それに、文乃のツンデレもまあまあ良かった。ツンデレは良いぞ~。あ、ロリコンもおいしいです、はいwwあ、野郎は全部ゲイに見えた。なんとかしてくれwwww

ごめん、もう、無理。

とにかく、さんざっぱら批判して作者さんには、本当に申し訳ないと思っている。でも、これが素直な感想なんだ。ごめん。願わくば、もっと面白いものを書いてくれることを期待している。全てのラノベ作家に愛をこめて。エンドウマメ。

(なんか、調子よくまとめているようなww)

それにしても、人のこと批判するくらいなら、自分も書いてみようかな?う~ん、作家か~。大変だろうな~。こんな文ではきっとダメだろうな~。ま、保留。

ではでは、本日は大変失礼しました。ノシ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。